Shantiマーラーのご紹介



Shantiマーラー

ヒーラーであり、スピリチュアルリーダーであるMiho Shanti

一粒一粒の石を厳選し、製作した完全オリジナルマーラーです。

それぞれのマーラーは

エネルギーを高めるための石が厳選されていることに加え、

エネルギーの影響が最大化されるよう美しくデザインされています。

もう一つの特徴は「メダイ」

Shantiマーラーには、

メダイ発祥の地であり、パリのパワースポットと言われる

「奇跡のメダイユ教会」の「メダイ」

が組み込まれています。

メダイに親指をつけて願いを込めると

願いが叶うと言われています。

願いがかなったら、

また同じように別の願いをかけることができます。

Miho Shantiがデザインし、メダイが組み込まれたマーラーは、

世界に1つしかない

完全オリジナルのスーパーパワーオブジェクトです。

マーラーとして、

毎日身につけるアクセサリーとして、

是非、お求めください!






【販売価格】

¥55,000~¥99,000

◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇─◇

マーラー

マーラーは日本で数珠が使用される以前からインドに存在しており、

マントラを唱えた数を記憶するための神具として

108個の玉で作られています。

インド哲学において「9」は神聖な数とされ、

その倍数である「108」という数も、とても神聖な数として大切にされています。

108を1マーラーという単位として、1マーラーのマントラを唱えます。

神々を讃えるマントラを唱えることで祈願し、

またマントラを唱えその波動を使って瞑想することで、

至高のエネルギーから真理に到達するとされています。

◆◇◆◇◆

メダイ

1830年に聖母マリアがカタリナ・ラブレの前に出現し、メダイを作るよう命じ、

「このメダイを身につけ祈りを唱えるものには、神の母の特別なご加護が与えられる」

と言われました。

1831年に初めてメダイが作られ、それを無償で配ったところ、

当時パリに流行していたコレラが収束するなど、

あまりにも多くの癒しや奇跡が起こったために

「不思議のメダイ」と呼ばれるようになりました。

カタリナ・ラブレは

1876年の死後、

今もパリの「奇跡のメダイユ教会」に腐敗することなく棺の中に安置されています。

メダイを身につけるものは、多くの恵みを受け取ると言われています。

メダイは

聖母マリアの私たちへの愛の印であり、

私たちのマリアへの信仰の証であると言われています。