MSPとは切り取り.jpg

マキシマムステートプログラム(MSP)とは、既存のトレーニングや自己啓発のように繰り返し鍛錬したり、学習したりするプログラムではなく、人類に共通する身体のシステムに従って「一定の刺激」を与えることで、脳と身体が変化し、最高のパフォーマンスを発揮するための『最高の器』を手に入れられるこれまでにない最先端のプログラムです。

MSPとは

TOP3.JPG

スポーツ・学習・美容・健康 何をするにしても、制限がかけられたステート(状態)のまま努力するよりも、より早く高いレベルやステージまで上がることが可能になるのです。

MSPを行っていない状態は、車で例えると、無意識にブレーキとアクセルを同時に踏み込んでいる状態と言えるかもしれません。

​MSPはこのブレーキを外していくことでもあります。

BODY.jpg

MSPの理事と専門家の先生が研究した結果、人体に秘められた法則に従って身体を優しく調整することで、土台となる「ステート」が変わり、身体の重心・バランス感覚・柔軟性・可動域・筋出力・瞬発性・体幹軸・周辺視野・丹田活性化・平衡感覚を得ることが出来ることがわかりました。

​更にぶれない強靭なメンタルや柔軟な思考力・発想力などにかけられた様々なブレーキも同時に外れやすくなることがわかってきています。

 

​MSPは今までの治療法や健康法とは違い、身体の不調や痛みを取り除き、マイナスからゼロに戻すことが最終ゴールではありません。その先にある、より最高の未来に、最高な状態(心・身体・精神)で、一人一人に与えられたギフト(個人的天才性)を発揮し、限界を超え無限の可能性に挑戦し続けることが出来るようになっていくプログラムです。

​実際に努力だけでは超えられない壁を超える人が増えています。一般の主婦の方、学生、経営者、学校の先生、お医者さん、政治家、大学教授など様々な方がそれぞれのパフォーマンスを発揮し、人生をより豊かにシフトしています。

TOP2.JPG

​パソコンも不要なデータが溜まってくると動きが急激に悪くなるように、実は人類も700万年という長い歴史の中で蓄積してきた様々なストレスにより『本来の能力』を発揮できなくなっています。

人が「壁にぶつかる」というのは、パソコンのアップデート時期を知らせるサインのようなものです。今の容量、機能では対応できなくなっているので、パソコンと同様に身体もアップデートしてください!という身体からのメッセージですが、これまではアップデートする方法がありませんでした。

MSPが誕生したことでこのアップデートが可能になり、これまで不可能だと思われていた健康・美容・能力・人間関係など人生をあらゆるレベルでシフトしてくことが可能になりました。

​MSPは不調を治す技術ではなく、蓄積したダメージを取り除き、衰えた回復機能を高め、今まで使えていなかった才能まで開花させる画期的なプログラムです。

女性BODY.jpg

​MPSはアンチエイジング(老化に抗う)ではなく、究極の『リバースエイジング(年齢を巻き戻す)プログラムと言えるかもしれません。

身体だけでなく、精神・お金・人間関係・スピリチュアル的な歪みやブロックを取り除き、色々なレベルで最高の状態に変容させ、キープすることができるプログラムは他にありません。

MSPに加え、能力開発などをあわせることで、より高い目標にチャレンジしやすくなります。

身体を調整するだけのプログラムなので、小学生からお年寄りまで安心して受けていただくことができます。

もちろん魔法ではないので、何もせずに英語が話せるようになったり、初めてやったスポーツがプロ並みにできるなんてことはおきません。

​その場で実感できる変化と、時間とともに変化し続けるものがあります。

MSPは、キャパシティ(器、才能)を広げるプログラムとも言えるので、キャパオーバーになるくらい努力してきた人ほど、キャパシティを広げた瞬間から努力だけでは超えられなかった壁を、簡単に飛び越えられるようになるでしょう。

女性.jpg

【ステートとコンディション】

ステートとコンディションは似て非なるものです。

コンディションは日本では「調子」という意味で使われています。

その日の調子がよければ「コンディションがいい」、調子が悪ければ「コンディションが悪い」といういい方をするように『その時々で日々変化するもの』が「コンディション」です。

これに対して「ステート」は状態、ありさま、様子を表し、国家、国、公式という意味もあるように、MSPで高める「ステート」は『その人のベース(基礎)となる状態』を表しており、その時々で変化するコンディション(調子)とは異なります。

ステートが整った天才や、一流スポーツ選手でもコンディション(体調)が悪い日があるように、MSPを受けても、日々様々な出来事に遭遇し、一瞬一瞬の体調は変化し続けています。

岩の上からの風景

MSPを有効に活用するために

MSPを有効に活用するためのポイントは次の通りです。

【1】目的を明確にし、プラスにフォーカスする

   自分の課題やどうなりたいか、明確な目的意識をもつ。

   目的意識が明確になっていないということは、MSPの効果を受け取る準備ができていない

   ということになるので、変化、効果をキャッチできなくなってしまいます。

   自分のキャパシティ(器・才能)に限界を感じ、努力だけでは超えられない壁にきている

   人に外側から刺激を与え、カラを破るサポートをするのがMSPです。

【2】他の人と比較しない

   【1】の目的意識が明確でないと、自分の変化には気付かず、他の人と比較して

   自分がどうか?を判断しがちです。 

   MSPを受ける前の自分の記録(写真、動画、文章)などをチェックしていくと

   日々の変化を実感しやすくなります。

   日々のプラスの変化を日記のように記録していくのもオススメです。

【3】今までのクセに気づき、新しいステートにあわせる

   MSPで無意識に変わる部分もありますが、新しいステートに合わせて日々意識的に改善する

   努力をすることで、今まで使えていなかった筋力や身体能力が上がり、新しい能力も目覚め

   やすくなります。逆に今までのクセを放置したり、過去のステートに合わせた努力や

   トレーニングを続けると、マキシマムステートを最大に活かせないことがわかっています。

   例えば股関節の痛みが改善しても過去の痛みを避けるような歪んだ歩き方を続けた場合、

   MSPでステートが変わっても、他の場所に負担をかけて不調が出てしまう可能性が

   あります。メンタルも同様です。

【4】努力は必要!

   MSPは劇的に改善する部分があるため、努力せずに楽に手に入ると誤解をしてしまう人が

   いますが、MSPを受けても本人が高いポテンシャルを発揮しようと努力しなけれ、現実は

   変わりません。

   通話とメールだけができる携帯電話で満足していた人が高機能のスマホを持って、

   なにもやることを変えなければ、なにも起きないのと同じです。

   今までの器が狭くなり、押し広げようと努力してきた人は、広がったキャパシティ

   (器・才能)を上手に活かすことができるでしょう。

【5】MSPは治療ではありません

   MSPで身体能力や回復力がアップしたり、体質改善したりした結果として、痛みや体調が

   改善することがありますが、基本は努力とセットです。

​   治療と違い、病気を治すことを目的としていません。

海3.jpg

MSPは不死身、不老不死になるというプログラムではありません。

暴飲暴食をすればお腹を壊すこともあります。

メンタル面でもMSPを受けた後も愚痴・不平・不満を言い続ければ病むこともあります。

わがままばかりで自分のことしか考えなければ、孤立したり、社会的な健康は蝕まれていきます。

「最高の状態をキープしよう!

「前向きに生きよう!」

「今より高いステージを目指そう!」

という意志がなければ​、目の前にある出会いやチャンスに手を伸ばさなければ、

年々気力も体力も衰え、人生は色あせていくということには変わりありません。

天才や一流の人ほど、学習やチャレンジを毎日続けているように、日々のトレーニングは必要です。

何も行動しなければ変わらない人もいますし、調子に乗って無理をし過ぎてケガをしてしまう人もいます。

逆に「ステート」が整った状態で、自分が決めたゴールに向かって、適切な努力やチャレンジを続けた人は、今まで想像したこともない結果を手にいれることができるのです。

​何事も種をまいた人にしか実りません。種をまき、育てた人だけが成果を得られるという自然の法則の中でMSPも開花していくのです。